保育園の為、制服がないので入園してから毎日衣装を決めなくてはなりません。行事や気候の変化に考えるのは大変です。

冠婚葬祭と衣装のTPO
このエントリーをはてなブックマークに追加
冠婚葬祭と衣装のTPO

保育園入園に毎日の衣装

子供が保育園で制服がない為、入園してから朝は戦争の様なバタバタ日々で夜の内に靴下まで全部だして一応コーディネートして準備しておきます。
まず天気予報と次の日の行事事に合わせて選びますが、週1回程なら簡単に決められるのですが毎日となると頭を悩ませます。

小さいのにこだわってどうするという意見もあるかも知れませんが自分で決められない歳の時は親がすべてです。

大きくなって昔の写真を見た時に自分の服が笑ってしまう事が誰でもあると思いますがなるべくそうならない様にしてあげようと言う親心でいます。
もちろん年々好みが出て来てアピールは出来る様になってきてます。
園で先生や友達に褒められる事が幼心に喜びを感じて帰宅する際にかわいいって言われた日はニコニコ笑顔を見せてくれます。
一般庶民なので決して高い物は着させていませんが、色やデザインをその子に合う物を選んで行くと不思議と似合ったり少し高く見えたりする物と思います。
親のこだわりは公園や工作をしたら一瞬にしてドロだらけやシミが付いてどこへやらですがそれでも満足な私がいます。
たまに同じ洋服を来ている子がいたりと重なる日がありますが小物1つや髪型で全く違って見えて勉強になる事もあります。
元々デザインの仕事をしていたので目がそこにいくのかもしれませんが小さい時からお洒落には気を配っていける様になってもらいたいと言う気持ちがあります。
そんな中幼稚園の子達を見ると決まった洋服があって良いなと思う事も多々あります。
特に冬は外遊びは当たり前の中、部屋は暖かいのでどれだけ着させて良いのか未だに毎日迷っています。
大人なら脱ぎ気は簡単ですがテキパキ出来る訳ではないので次の日を想像しながら選んでいます。
汗もかきやすいので肌にやさしい物を選んだり極度に寒い日はズボン下は欠かせません。ちょっとした事で風邪を引いたりするので慎重です。

ファッションは繰り返されるのでいつか写真を見て衣装の参考になれてるといいなと気持ちを膨らませて楽しんでいる毎日があります。

注目リンク

Copyright (C)2014冠婚葬祭と衣装のTPO.All rights reserved.